忍者ブログ
当サイトはHTML5+css3で作成されており、Internet Explorerでは正しく表示されません。
firefoxOperaの 使用をお勧めします。

かるブロ

かるのプラモ+αのブログ、 完成品はリンク内『かるフォト』にて公開中です。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017年 07月 23日|comment(-)

スタークジェガン完成(゚∀゚*)ノ



『かるフォト』で公開中です
2ページ目にあります
個別の写真をさらにクリックすることで拡大表示できます。

『MG-モデラーズギャラリー 』様に投稿しました
一部追加写真あり

さて、また暫くは更新停止します(ニーア届いた)
スサノオの処理も一応進めたんで次はガラッゾorスサノオ完成報告に
なると思います。

では~
PR

ディテール追加作業オワタよ(。≖ิ‿≖ิ)

ディテ追加作業はあまり長引かずに済みました
ただし、その分ディテールがワンパターンに|||orz
センスがホスィ




脚部装甲のバーニアはポロリしまくるんで外してます。


この後はサフチェックして塗装となります。
モチベが下がらないうちに晴れてくれるといいな
では(*・∀・)ノ゙

HGスタークジェガン(*ΘωΘ)。

ディテール追加する前に洗ったスタークジェガンが乾いたので
改修内容を公開します。


出来が悪いとはいいましたが、プロポーションや造形が悪いってことじゃなく
詰めが甘い感じを直す方向で改修しました。
この二枚だけでも極端に弄ってないのが分かるかと思います



素のままだとハイパー・バズーカが肩に担げないですから延長してます
やり方としては切断してプラパイプを芯にしてパテの盛り削り
スコープ付いてなかったので市販パーツ取り付け
バズーカ先端の合わせ目消すの面倒&形状が好みじゃなかったので市販パーツに変更
後ろもディテUP…汚れ落ちてねェ


プロポーション変えたのは上半身だけです
腰の延長、肩幅広げ、上腕2ミリ幅つめ

他はディテ彫りなおしたり、プラ板とパテで形状を若干変更したくらいです



後頭部がスタビライザーに干渉して上向けなかったので干渉部を削ってます
腰の延長ついでに可動も少し弄りました



可動部はボールジョイントを一旦切り離して市販パーツ使って延長してます。
それに伴い出来る隙間を隠すために自作パーツを作成しました


バズーカ肩に担ぐときに邪魔な部分を削除
背中に面した部分にプラ板貼ってる理由はサイドスラスター接続部の
ディテUPしたら肩が干渉して後ろに肩を引けなくなった為


胸部のバルカンの形状に違和感感じたのでプラ棒と真鍮パイプで作り変え
ついでに胸部のだるいラインもカッチリした面に

腰部自作パーツをバラすとこんな感じ



ミサイルポッドは劇中で残弾がなくなるとパージしてたので
磁石式の接続方式に変更
後部フィンが気に入らなかったのでエバグリの段つきプラ板はめ込み



袖部分を市販パーツを加工して作成
上腕2ミリ程幅つめ
合わせ目の気になる肩バーニア部をエッチングソー使って切り離し再接着
バーニア部くり貫いてディテUP&彫りなおし



ビームライフルマウントするためのパーツを自作


リアスカートを切り離してスプリングパイプで接続、可動化


脚部バーニアの角度が変だったので変更、隙間が出来るので蓋パーツ作成
脚部装甲の丸モールドがだるかったので削り落としてOボルトに置き換え
靴形状変更、甲を高く


といったところです。
この後若干ディテUPして塗装に移りたいんですが
ディテール思い浮かばないのでまた更新滞るかもです(;^ω^)

ブログとして機能してない(Д`q))

ほんとゲームばかりやって見に来てくれてる人には申し訳ない限りです。

それと更新してないのはモチベ低下もありますが、プラモは買うものの最近のキットは
出来がいいので組むだけで満足して塗装までしようという気がおきないんです

でも、あまり出来がよくないキットは改修したくなるもので、スタークジェガンを
製作中と4月1日のプロフ欄に書いておいたんですが
スタークジェガンは400番まで処理して洗浄→乾燥中ですのでまた今度ノシ

というわけでその前に弄ってたスサノオとオラジンクスをペタ

スサノオは前の記事から変わったところは顔と肩と各部尖らせたくらいです


グラサンはプラ板貼って形状を変えました
肩も裏に薄いプラ板貼ってパテ盛って形状変更


サーベルはプラ板で延長しました


オラジンクスはガ系フェイス+レグナントの武装って感じです


首は新造して引き出せるようにしました。


コレくらいまで前に出る


レグナント的な武装、爪はGNファング


スラスター?を羽っぽく
リアスカートにプラ棒つけてライフルをマウントできるようにしました


スタークジェガンは次回更新で記事にします(人;´Д`)

もうちょい(○´ω`○)ノ

前回言ってた工作と後ハメを済ませました。
後は先端シャープ化と表面処理して塗装です


雪駄は劇中でシャープに描かれてたのでそっちよりにしました。


頭部アフターとビフォーです
若干小型化、縦に少しだけ伸びてます。


内部のフラッグフェイスは塗りわけを考えてエポパテで別パーツ化
グラサンはひさし部分に穴あけて真鍮線接続方式に変更


チラッ


後屈、前屈
普通のままでも後屈は出来ますがグレーのパーツ内の突起を削ることで
より仰け反れます。


頭部パーツ構成
後ハメしてたC字の部分が折れた|||Orz
塗装後接着します。


背中のコンデンサのPCの角を削ることで可動化
コックピットハッチを削って角度変更
前屈出来るようにする為グレーの接続パーツを削ってます、強度やばいかも
腹ビームにプラ板付けて前屈の動きに対応出来るように


ガントレット、肘後ハメ加工
二の腕部分のPCと肘のグレーのパーツを削って1ミリほど幅詰め
肩装甲の接続PCは股の物と交換(股ポロリ減少します)


腰のGNクロー接続アームを単独で動かせるようにしました


ひざ後ハメ
ついでに引き出し式で可動範囲広げれるようにしてます
プラ板で位置決めしてその下にPC仕込みエポパテでPC固定


最大でコレくらい曲がるようになりました。




さて…完成はいつになるやら
↑page top↑